顔のかゆみの原因は汗なの?

皆さん、夏場にフェイスラインにかゆみや吹き出物が出来たりして悩んだことはありませんか?
実はそれ、汗が原因かもしれません。
私の場合ですが、顔に汗をかくと特にフェイスラインにかゆみや吹き出物が出てしまって、ケアがとても大変なんです。

 

 

しかし、なぜ汗が原因でかゆみや吹き出物が出来てしまうのでしょうか?
そこを少しご紹介したいと思います。

 

 

お肌には常に居座る常在菌という最近が潜んでいます。
お肌は弱酸性を保つことで常在菌が住みづらくなり、雑菌を増やそうとはしなくなります。
しかし、夏場というのはお肌のバランスがとても乱れる季節。
外に出れば灼熱地獄ですが、室内に入れば冷房がガンガン効いているため、お肌への刺激がものすごいんです。

 

 

そして、刺激もさることながら汗の威力もすごい。
汗はアルカリ性なので、汗は時間の経過とともに菌を繁殖させます。
また、菌を繁殖させるだけではなく、酸化することで肌を酸性に傾けます。
その刺激で顔がかゆくなるのですね。

 

 

さらに!
洗顔のし過ぎもお肌にかゆみが出る原因となります。
洗顔のし過ぎは皮脂膜や常在菌を必要以上に流してしまい、お肌のバリア機能が低下。
こうなることで、お肌が乾燥し、かゆみに繋がることもあるようです。

 

 

下地やファンデーションも汗と混じって変質してしまい、顔のかゆみの原因となることがあるなど、様々な原因があるんです。

 

 

何もできないじゃん!と思っている方も多いかもしれませんが、正しいスキンケアをしていればOKです。
そして、日頃の汗の対策もしっかりと行っていればなおOKです。

 

 

では、順を追って対策を考えてみましょう。

 

 

まず洗顔です。
洗顔はクレンジングと洗顔のダブルで行います。
朝は洗顔だけでいいですが、夜は一日の汚れを落とすためにクレンジングと洗顔が必要です。
クレンジングは肌質にもよりますが、オイル系はお肌が敏感な方には刺激が強いかもしれませんので、クリーム系のものがおすすめです。
そして、クレンジングは30秒以内、洗顔は2分以内です。
忙しない感じもしますが、洗いすぎると必要な栄養分まで流れてしまいますので注意が必要です。

 

 

次に、スキンケアです。
スキンケアは化粧水、美容液、乳液、保湿が足りないなと思うときはクリームといった順にしっかりと浸透させます。
化粧水のパッティングは強すぎると刺激になるので、優しく押し込むように浸透させます。

 

 

日頃のお手入れはこのような感じでOKです。

 

 

では次、お出かけなどのときです。
汗は出先ではどうすることもできません。
そこで登場するのが顔汗専用の制汗材です。
今は化粧下地に使うことができる制汗剤もあるようで、これが現在とても注目を集めています。
また、化粧の上からもポンポンと付け足すこともできる代物なので、一つあって損はないかと思います。

 

 

これで汗の対策もバッチリです♪

 

 

顔のかゆみは汗や日頃のケアが重要だということがお分かりいただけましたでしょうか?
今一つ、自分のケアを見直してみましょうね^^

 

関連ページ

顔が痛い原因は汗?!意外に簡単な対処法をご紹介!
顔が痛い!原因は汗?顔に痛みを伴う汗ってとても厄介ですよね。今回はそんな汗の対策をご紹介していきたいと思います。
顔の汗を止めたいけど薬は怖い・・・そんな方必見!
顔の汗に効果が期待できるお薬は?顔の汗に使用する薬をそれぞれ調べてまとめてみましたので、参考にしてみてください!